外からではなく、まず自分を変え、内側から外へ広げていく

 

社会を変えるのは難しいしハードモード。

全部を変えようとするとものすごいエネルギーが必要。

環境そのものを変えることは難しいが好きな環境を選ぶことは可能。

 

 

 

外側から変えるのは崖っぷちの世界。

内側から変えるのは階段を上るようなゆるい世界。

 

 

 

自分から変えるのはイージー。

自分から変わるのは楽勝。

 

 

 

 

ハードボイルドな世界と、

ゆるちょろな世界。

 

 

 

どっちがいい?

 

 

 

って聞かれたら、

やっぱ、自分は、

ゆるチョロな方がいい。

 

 

 

自分を変え、自分の内側の環境を

良きものにしていく。

 

 

 

自分を「ご機嫌さん」に育て上げて、

 

 

 

 

そして「ご機嫌さんの世界」を周りに広げていく。

 

 

ときどき、外の世界の

ハードで厳しくて頑張る空気が、

流れ込んできてしまうこともある。

 

 

 

 

だけれども、

内側の幸せだけを

見つめ続けるのだ

 

 

 

社会全体を変えるのは難しいかもしれないけれど、

最低でもまずは、自分。

そして次は、自分の周りの人たち。

 

 

 

 

そーやって、自分と自分の周りの

小さな世界だけは理想郷に近づけて

行くことができるのだ。

 

 

 

 

なるほど、

半径3メートルの世界か・・・

 

 

 

 

 

そこからじわじわ、広めていくしかないのだ

 

 

 

 

 

現実と理想は同じ枠の中で

バランスを取り合いながら、

同時に重ね合わせで存在する

 

 

 

 

 

決してどちらか一色にはなれない。

 

 

 

 

 

そうであるならば、

ワシは常に好きな方を選び続けようぞ

 

 

理想郷を目指すのではなく、

自分自身が理想郷という

在り方になってゆくのだ。

 

 

 

 

するとそこに人が集まり、

人が集まったそのスポットに、

小さな理想郷が育っていく。

 

 

 

 

理想郷は、論理的に導き出せるものではない。

設計できるシステムでもない。

 

 

 

 

すべては「あり方」なのだなぁ

(しみじみ。)

 

 

 

イージーモード

ゆるい空間

チョロいやり方

幸せな居場所

好きなことできること

楽しいところ

 

 

 

これからもそーゆーのを目指していこう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です