捨てる勇気

 

どーも、Koichiです!

 

 

この記事では
「捨てる勇気」について
お話ししたいと思います。

 

 

捨てると聞くと

 

 

ゴミを捨てるとか、
いらないものを捨てる、
などを連想されるかと思います。

 

 

または

 

 

片付けとか
整理
掃除

 

 

なんてことを
思い浮かべる人も
いるかもしれません。

 

 

この記事で言う
「捨てる」とは、

 

 

古い考え方
習慣
常識
人間関係
お金や財産(あるいは財産と思い込んでいるもの)

 

 

などを捨てると
ということを意味します。

 

 

捨てることは何かを失うこと
ネガティブなイメージを
連想されるかもしれません。

 

 

しかし

 

 

この記事で言いたい
大切なことは

 

 

「捨てる」
ではなく、
「捨てる勇気」

 

 

ということです。

 

 

捨てるだけだと、
なんとなくネガティブに聞こえますが、

 

 

「勇気」と聞くと
なんとなくポジティブな
感じになります。

 

 

「捨てる勇気」とは
ただ単に何かを失うのではなく、

 

 

新しい何かを得るために
勇気を持って
今持っているものを捨てる

 

 

ということを意味します。

 

 

つまり、言い換えるなら

 

 

大きな変化をする前の準備

 

 

を意味します。

 

 

もしあなたが大きな変化を求めているのなら
あなたが一番大切だと思っているものを
捨て去るということです。

 

 

「一番大切なものを捨てる!?」
「そんなことできるわけがないだろう!」

 

 

その通りと思います。
普通はできないし、
そんなこと考えたくもありません。

 

 

でももし

 

 

自分自身や自分の生活を
大きく劇的に変化させたい

 

 

と思っていればいるほど、
自分にとって少しだけ大切なものではなく
とっても大切なものを捨てる必要があります。

 

 

だから「捨てる勇気」なのです。

 

 

でも一体何を捨てれば良いのでしょうか?

 

何を捨てるべきか

 

古い考え方

 

もしあなたが
今よりももっとお金を稼ぎたい
と思っているのなら、

 

 

今あなたが信じている
お金の稼ぎ方や
お金に対する考え方を捨て、

 

 

もっとお金が稼げる
稼ぎ方や考え方に
入れ替える必要があります。

 

 

例えば

 

 

もし会社員として
お金を稼いでいる人であれば、
その方のお金の考え方は

 

 

お金とは毎日出勤をして
毎月だいたい一定額を報酬もらうもの
という給料的な考え方になってきます。

 

 

もしもっとお金を稼ぎたいと思ったら、
ビジネスや投資など
別の考え方が必要になってきます。

 

 

自営業の人なら
お金は毎月一定額もらうものではなく、
自分で好きな分だけ稼いで得るもの

 

 

会社経営者なら
お金は自分ではなく
誰かに稼いでもらうもの

 

 

投資家なら
お金は
お金や資産に稼いでもらうもの

 

 

など
それぞれの属性ごとに
お金に対する考え方が変わってきます。

 

 

もし副業をするとき、
アルバイトやパートをするなら、
今までと同じ「給料型」
の考え方のままでよいですが、

 

 

ネットビジネスなどで
副業をして自立して稼ぎたい
と思ったなら、

 

 

自営業型の考え方が
必要になってきます。

 

 

もし会社を辞めて、
完全に独立したい場合、

 

 

「給料制」という考え方は
完全に捨て去らなければなりません。

 

習慣

 

今現在のあなたの存在は、
あなたの過去の習慣、行動の
結果の産物です。

 

 

今現在のあなたではなく、
理想の自分になりたいとき
過去の習慣を変える必要があります。

 

 

習慣を変えると行動が変わります。
行動が変わると結果が変わります。
違う結果を得られるようになったとき
あなたは既に新しいあなたに生まれ代わっています。

 

 

もしあなたが副業、本業問わず、
何かしらビジネスをしてお金を稼ぎたい
と思ったなら

 

 

そうなれるよう、
日々の行動や習慣を
変えていく必要があります。

 

 

今までビジネスや商売の経験が
全然ない人であれば

 

 

お金に関する勉強を始めるとか
起業するための
準備やリサーチをするなど

 

 

今までしたことなかったような
新しい行動を始めます。

 

 

そのかわり、

 

 

起業やビジネスのためにならない
今までの行動を捨て去ります。

 

 

もし週末は遊びの時間が多ければ、
多少はその分の時間を捨て
勉強や準備の時間に割り当てたり、

遊び代や飲み代のお金を節約し、
その分のお金で
起業やお金に関する本を買います。

 

捨てるとはそういうことです。

 

常識

 

今現在の自分と
成りたい自分との
差が大きければ大きいほど

 

 

今あなたが持っている常識と
成りたい自分が持つべき常識は
全くかけ離れたものとなります。

 

 

常識とは実に曖昧なものです。

 

 

小学生だったころの自分にとって
中高生は大きくて
スゴイ大人な存在でした。

 

 

持ってるゲームも
読む漫画も
遊びにいく場所も

 

 

小学生と中高生では全然違います。

 

 

学生の頃の自分にとって
社会人は全く異質の存在でした。

 

 

考え方も
何を楽しみにしているかも
週末の過ごし方も
全く違っています。

 

 

従業員として働く人と
独立して自営をしている人の間でも
考え方が全く違います。

 

 

常識とは実に曖昧なもので
自分が持っている常識は
実はとても小さい範囲の世界だけしか
見えていない場合があります。

 

 

常識とは
自分の行動範囲を定義する枠
でしかありません。

 

 

もしなりたい自分があるとすれば、
今の自分の常識の枠を壊し
捨て去らなければなりません。

 

 

*常識について
もっと詳しく知りたい方は

 

 

人と違うことをする勇気
も合わせてご参照ください。

 

 

人間関係

 

次は人間関係を捨てる勇気についてです。

 

 

ご存知でしたでしょうか?

 

 

今現在の自分自身を構成しているのは
自分以外の人たちである

 

 

このことをもう少し
詳しく説明するならば、

 

 

もし自分の周りに
何も存在していなかったとしたら
人は自分自身の存在を
定義することができません。

 

 

人間関係があって初めて
「あなたは何者である」
というのが見えてきます。

 

 

親から見てあなたは子であり
あなたから見て
あなたを産んだ女性は
母と説明ができます。

 

 

親がいない場合は、
友人、知人などでも構いません。

 

 

あなたがあなたであると
定義してくれる人間がいて
あなたは何者かがわかるのです。

 

 

もし現在の自分ではなく
なりたい自分がいるとすれば

 

 

必要ない人間関係は捨て
なりたい自分になるために不可欠な
新しい人間関係を構築する必要があります。

 

 

ただし、
誤解をされないように
ご説明しますが、

 

 

人間関係を捨てるというのは
大切な人々との縁を切る
ということではありません。

 

 

成功するためには
孤独になる必要がある
ということでは全くありません。

 

 

家族友人など
あなたを大切にしてくれる
周りの人たちを
大切にしてください。

 

 

ただし、

 

 

生産性のない時間を共有するだけの
ただ惰性的で刹那的な関係や
何のために付き合っているか
わからないような人間関係に
割り当てる時間は捨てるべきです。

 

 

その代わり、

 

 

成りたい自分に
成らせてくれるような人、
その道で成功している人
そういう人たちと
人間関係を構築するべきです。

 

 

お金、財産

 

お金や財産を捨てる。

 

 

聞いただけでもゾッとする話です。

 

 

今ポケットにある
お金をドブに捨てたりしないでください(笑)

 

 

お金や財産を捨てるというのは
お金や財産と思い込んでいる
考え方を捨てるということです。

 

 

例えば、

 

 

貯金。

 

 

貯金は多少あると安心です。

 

 

例えば職を失っても
数ヶ月ほど生活できる程度など
いざというときの蓄えがあると
安心です。

 

 

もちろん、貯金する額の程度は
人それぞれでいいと思います。

 

 

ただ、
それ以上の貯金は
持っていても意味がないお金です。

 

 

安心したい、という気持ちは
欠乏マインドからくるもので

 

 

そのマインドが変わらない限り
いくらお金を貯めこんでも
いつまでたっても満たされないからです。

 

 

貯金はもちろんあるといいですが、
活用すべき目的がないのであれば、
貯めていても宝の持ち腐れ
ということです。

 

 

活用していないお金は
死に金です。

 

 

もし貯金として
何もしないで眠らせている
余分なお金があるのであれば、

 

 

「貯金という考え方」を捨て
有効に活用させるために
使うべきです。

 

 

お金の有効活用とは、
投資や夢や目標のために使ったり
面白いこと、ワクワクすること
のために使うことです。

 

 

欠乏、心配、恐怖
このようなマインドをもとに
お金を貯金する人の人生と

 

 

夢、投資、目標
遊び、ワクワク、やりたいこと

 

 

こういうマインドをもとに
お金を使う人の人生は
大きく違います。

 

 

貯金については
稼ぐ人のお金の正しい使い方
でも触れているので
よろしければご参考ください。

 

 

もし成りたい自分が
ハワイのビーチで
ジュースを飲んでくつろぐ

 

 

ということであれば、
それは貯金で済む話でしょう。

 

 

お金を貯めて、
旅行に行ってきてください。
話はそれで終わりです。

 

 

しかし

 

 

もし成りたい自分や
夢、目標が
もっと大きな場合、

 

 

貯金で叶えようとするのは
無理が生じます。

 

 

もし独立したいという思うなら、
お金を貯金するより
最初は自己投資に使うべきです。

 

 

実は独立をする前、
僕は副業で
不動産投資をやっていました。

 

 

家を買って
掃除してピカピカに磨いて
高く売る

 

 

という単純なことだったのですが
それで生活費を稼ぐことはできました。

 

 

しかしそれを
大きく成長させる方法が
わかりませんでした。

 

 

生活をしたり
すこし貯金ができたり。

 

 

でも
それ以外何も変わりません。

 

 

何か劇的な変化をするには
捨てる勇気が必要だと
気が付きました。

 

 

その後僕は
家のリフォームのために
貯めていたお金を全部
違うことに使う決意を決めました。

 

 

家じゃなくて、
自分の脳みそに投資をしよう
と決心しました。

 

 

それ以来、
お金やビジネスに関する本を買い
コンサルタントを依頼したり
アメリカの超高額セミナーに参加したり

 

 

とにかく
お金をもっと有効活用できるよう
今までの考え方を捨て去りました。

 

 

話を戻しますが、

 

 

お金を捨てるとは、
もう少しかみ砕いていうと

 

 

今まで持っていた
お金の使い方を捨て、
もっと賢いお金の使い方を
手に入れる。

 

 

ということです。

 

 

まとめ

思い切って今までの考えを捨て
新しい考え方を受け入れた時
違う結果が見えてきます。

 

 

捨てる勇気とは言い換えると
選択の可能性を広げる
ということです。

 

 

今の自分を作ってきた古い考え方を捨て
成りたい自分を作るために必要な
考え方を取り入れます。

 

 

そうすれば
新しい結果が見えてくるのは
時間の問題です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です