ポイント還元率の高いクレジットカード一覧!

 

どーも、Koichiです!

 

今日は輸入ビジネスで欠かせないクレジットカードについてご紹介します。

 

パソコン1台、個人で行う輸入ビジネスでは、遠い外国まで足を運んで現地の通貨を使って仕入れする替わりに、
オンラインでクレジットカード決済をして商品を仕入れます。
*もちろん、インターネットに繋がっていない未開拓の市場は僕が知ってるだけでもアジアにはまだまだ山ほどあります。そういう場合は現地まで買い付けにいくこともあります。
ただ、中国輸入においては、ほとんどいろいろなモノをクレジットカードで購入できますので、
輸入ビジネスを始める前ににビジネス専用のクレジットカードを用意しましょう。

 

とくにオススメなのはポイント還元率の高いクレジットカードです。

 

毎月何十万円、何百万円と仕入れがあれば、カードで購入をする度にポイントが付くのでとってもお得です!

 

おすすめのクレジットカード

1.オリコカード「Orico Card The POINT

良いところ

*年会費永年無料

*高還元率1%(入会後6か月間は2%)
→100円で1ポイント

*ポイントの交換が即時に行える。

*アマゾンギフト券やGoogle Playコード、iTunesギフトコード、楽天スーパーポイントなど、
流通しやすい商品やポイントへ交換可能(500円から)

*また国内のAmazon、楽天、ヤフーではショップによってはポイント率2%~3%になるところもあります。

 

悪いところ

*毎月の利用限度額が50万円。
(仕入れ額が50万円を超える場合は、電話で申請すれば限度額をもっと上げてくれます)

あとは、輸入ビジネスで使う分には特にないですかね・・・。
(年会費無料なので持っていて損はないカードです)

 

2.楽天カード

良いところ

*年会費永年無料

*高還元率1%

*楽天市場以外でも加盟している街中のリアル店舗で購入すればポイント2倍!
(1000円で10ポイント)

*楽天は毎回入会キャンペーンをやっているので、入会するだけでも数千円相当のポイントが無料で貰える。
(時期によってその都度キャンペーンの内容は変わります)[br num=”1″][br num=”1″]
悪いところ

*輸入商品の仕入れ専用のカードとしては高還元率ポイントの部分以外の国内サービスがあっても特に利用しない。
(普段の買い物用に楽天サービスを利用したい場合は、もう一枚別に作ったほうが良いです)

 

3.ライフカード

 

良いところ

*年会費永年無料

*還元率0.5%(年間利用額50万円以上で翌年のポイントが1.5倍)

*入会して1年間だけポイントが1.5倍

*入会した年のご利用額が50万円以上で300ポイント無料付与。

*誕生日の月はポイント5倍
→還元率は他のカードと比べると半分ですので、普段は還元率の高いカードを使いつつ、自分の誕生日の月だけはライフカードに切り替えて仕入れまくる、というのもアリかもしれません。[br num=”1″][br num=”1″]
悪いところ

nanacoへのチャージをする場合は、JCBしか選べない。

4.オリコカード「Orico Card The WORLD」

 

良いところ

*高還元率1%(入会後6か月間は+1%)、合計2%!
→しかも海外利用ならポイントは常に2%(入会後6か月間は+1%)、合計3%!

*旅行系の特典が盛りだくさん!
→国内主要空港のラウンジの利用が無料。
→海外用の携帯電話、WiFiなどのレンタル料が通常より割安。
→空港での宅配サービスでの無料サービスあり!

などなど。
*あとはOrico Card The POINTと一緒。

[br num=”1″]

悪いところ

*年会費が9800円
→ただし、毎月の仕入れ額平均して8万円を超えるくらいから、
年会費無料の「Orico Card The POINT」から「Orico Card The WORLD」に切り替えると良いでしょう。

*ゴールドカードのため、より審査が厳しくなる。

 

海外利用時の事務手数料について

輸入商品を仕入れる場合は、たとえオンラインであっても海外のショップで商品を購入することになります。

しかし海外でカードを利用する場合、通常は「海外利用時の事務手数料」というものが発生します。

上記のカードであれば、手数料はだいたい1.60%~1.63%前後になります。
(MasterやVISAなどの国際ブランドによって若干レートが変わる)

手数料がどれくらいかかるかというと、
例えば、1ドル100円と想定して、100ドル分を仕入れに使うと、

100円 x 100ドル x 1.6% = 10160円 請求されることになります。
@海外利用時の事務手数料は輸入ビジネスでは避けて通れない道です(>o<)

 

最後に

輸入ビジネスでは仕入れ専用のカードを1枚用意しておいたほうがいいです。

つまり、「仕入れ専用」ということです。

「楽天でポイント10倍キャンペーンやってる!」とか
「手持ちのお金がなくて、個人の買い物でつい仕入れ用のカードを使ってしまった」

などと言って個人の買い物と商品仕入れを1つのカードで済ませてしまうと、
あとあと毎月の損益計算が大変になりますので、くれぐれもご注意ください。

僕もビジネス始めの頃は、ついついやらかしてしまい、確定申告前に泣いたこともありました。
普段の買い物用のカードと輸入ビジネスで使う仕入れ専用のカードは必ず分けておくことをお勧めします![br num=”1″][br num=”1″]
それでは、最後までご覧いただきどうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です