【低資金の輸入転売】初心者が手堅く安全に成功するための戦略とは?

 

どーも、Koichiです!

 

 

この記事では初心者でも低資金、低リスクを維持しながら
輸入転売ビジネスを手堅く成功する戦略について、
様々なビジネスタイプを比較しながら
詳しく解説していきたいと思います。

 

 

すでに別の記事でも説明をしているのですが、
輸入転売ビジネスとは何か、
有在庫販売とは何か、
無在庫販売とは何か、

 

 

など予め基本的な内容を知っていると
スムーズに理解していけると思います。

 

 

*まだ知らない方のために、

 

輸入転売ビジネスについてはこちら[br num=”1″]
無在庫販売、有在庫販売についてはこちら[br num=”1″]

 

 

それでは初心者が手堅く安全に成功するための
戦略についてグラフを使いながらご説明いたします。

 

 

失敗例(赤字、借金)

 

まずは一番よくない例からご紹介します。

 

deathspiral

 

グラフでは有在庫販売から始めた例です。

 

最初に手元に資金が30万円ほどあるとします。
まずその30万円を使って商品を仕入れます。

 

 

しかし、初心者の方がいきなり始める場合は、
売れる商品を見つけるスキルがなかったり、
仕入れ値を下げるための交渉術がなかったりするため、
せっかく仕入れた商品が思っていた金額で売れず、
在庫になったり、売り上げが足りずに赤字になったりします。

 

 

また独学だったり、正しく商品を選ぶスキルがないまま、
仕入れ→販売を繰り返しても同じ結果しか出ないので、

 

 

売上<仕入れ

 

 

の負のスパイラルを生み出し、
赤字のまま資金が底をつきます。
(資金ショート)

 

 

更に、もし毎回の仕入れをクレジットカードで行っていた場合、
資金ショートの後に仕入れした分は借金になります。

 

有在庫販売

 

次に、有在庫販売を継続した場合の例です。

 

sale

 

最初に手元に資金が30万円ほどあるとして、
まずその30万円を使って商品を仕入れます。

 

 

しかし初心者の方で商品のリサーチも全くはじめて、
という場合は最初はなかなか売れる商品だけを選べず、
中には売れない商品なども仕入れてしまいます。

 

 

そうするとなかなか利益を出せず、
最初の売り上げは仕入れ値より下がります。

 

 

しかし、この手順を何回か繰り返すうちに、
商品リサーチのスキルも上達するので、
次第に売れる商品を多く仕入れられるようになり、
結果、売り上げも伸びていきます。

 

 

売れる商品をよりたくさん仕入れられるようになれば、
仕入→販売の手順を繰り返す度に売り上げは伸び、
最終的には仕入れ値より売り上げの方が勝り、利益が出てきます。

 

無在庫販売

 

次に、有在庫販売を継続した場合の例です。

 

presale

 

無在庫では最初に必要な資金はほとんどありませんので、
手元0円から始めて利益を少しずつ伸ばしていきます。

 

 

最初は取り扱う商品数が少ないため、
売り上げも利益も少ないです。

 

 

でも無在庫の場合、ずっと売れ続けることができる寿命の長い商品もあるので、
そういう商品を増やしていけばいくほど
ちりも積もってある地点から急激に利益が伸びていきます。

 

 

利益率と返品率を守って正しいやり方で継続すれば
グラフの通りシンプルに利益が蓄積されていきますので、
赤字になることはまずありません。

 

初心者でも低資金、低リスクで手堅く成功する戦略

 

次に初心者でも低資金、低リスクで手堅く成功する戦略です。

 

pre2sale

 

「無在庫で小さく始め、有在庫で大きく伸ばす」

 

 

この戦略は始める順番が大切です。

 

 

低資金で赤字になるリスクも少ない無在庫から始めれば、
いきなりの初心者の方でも
赤字や借金にならないように手堅く始められます。

 

 

無在庫を通してやっていくと、
目利きになって商品リサーチのスキルも伸びていきます。

 

 

*有在庫と無在庫の商品リサーチは別物ですが、
無在庫で培った商品を見る目が、
有在庫でも役に立ちます。

 

 

初心者の方が未経験のままビジネスを始めた時、
思った通りの結果にならなくて、赤字を出したり、借金になったりすると、
最初の時点で大きな精神的なストレスとなります。

 

 

それがきっかけで以後作業をやらなくなってしまう場合もあります。

 

 

無在庫からいきなり大きな利益を出すことは難しいですが、
低リスクで少しずつ売れていくので、
これを繰り返すうちに成功体験が蓄積され、
どんどんやる気モードになれれば成功は確実になります。

 

ハイブリッド型

 

hybridsale

 

最後にハイブリッド型です。

 

最初に無在庫販売を始めて、ある程度資金が貯まったら
その資金を使って有在庫販売も始めます。

 

 

初心者の方でも、無在庫である程度商品を見る目が養われていますので、
途中から有在庫販売を取り入れたとしても
全く初めてやるよりは成功しやすいです。

 
また、無在庫の商品はそのまま継続して
販売していますのでこの分のお金も増えていきます。

 

 

このようにすると、無在庫販売と有在庫販売の
両方から利益が出るようになります。

 

ハイブリッド型の利点

 

リスク分散

 

→無在庫販売だけでビジネスを継続するより、
有在庫販売を取り入れたほうが、
いざというときのリスク分散ができる。
(旧正月やアカウント停止リスクなど)

 

 

ハイブリッド型の欠点
→リスクが分散されるが、時間も分散される。

 

 

*もし今まで一人で経営をしているのなら、
あなたは体一つで有在庫も無在庫も
どちらのビジネスも回していかなければなりません。

 

 

しかし1日は24時間しかないので、
有在庫と無在庫に充てる時間を
半分にしなければなりません。

 

 

ハイブリッド型で成長していくためには、
無在庫ビジネスを組織化(人を雇ったり)して、
自分の手が空くようになってから取り始めるといいでしょう。

 

 

初心者の方は、まずは「利益を出す」
ということがひとまずのゴールなので、
この点に焦点をあてつつ、
もっとも取り組みやすい無在庫販売から始めるのが良いでしょう。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です