頑張る教(ハードモード)に戻ってしまったときの対処法

 

 

せっかく、

ゆるい世界に足を踏み入れて、

チョロい生き方に憧れて、

ゲスい教えを学んで、

イージーモードで、

いろいろうまくいく人生を

生きよう!

ゆるゆるじゃ~♪

 

 

 

 

って決心したのに、

気が付いたら、

頑張る教(ハードモード)

戻っちゃうあなた!

肉体をもっと虐めたい・・・

 

 

 

 

それでいいんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

バランスとりながら、

少しずつやっていけばいいの。

 

 

 

 

 

あなたは、

このゆるくて

ゲスくてチョロい世界を

知ってしまったがために、

 

 

 

がむしゃらに頑張る!

は悪だ!

 

 

 

とか、いきなり言いはじめてしまうのは、

仕方のないことかもしれないけれど、

 

 

 

 

 

本当は、

そういうことではないのだ!

 

 

 

 

Aは〇

Bは✖

という世界じゃないのだ!

 

 

 

白と黒を

はっきりつける方法じゃないのだ!

 

 

 

善と悪という

ラインを決めて、

悪と対峙することではないのだ!

 

 

 

 

すべてを肯定して、

すべてを〇に変えていく

そういう世界なのだ!

 

 

 

 

頑張るのを辞めるとは、

自分の気持ちを否定して

本心じゃないことをする

ことを辞めることなの

 

 

 

あなたの好きなことに無我夢中

で没頭していたら、

「頑張る!」と言わないかもね。

 

 

「大好きなゲームを頑張る!」

とは言わないじゃん?

 

 

 

大好きなゲームはもう、

したくてしたくて、

しかたないじゃん?

 

 

 

 

つまり

そーゆーこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか頑張りたい気分になったら、

その気持ちを否定せず、

頑張っちゃってもいいんだよ?

 

 

 

 

しかし逆に、

あなたの心が不幸のまま、

頑張ってしまう

(本当は頑張りたくないけど頑張っちゃう)と、

苦しくなっていろいろなことが、

うまくいかないよ、ということ。

 

 

 

 

だからこそ、そーいうときは

ゆるチョロライフを取り入れるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張りはだめ!

 

 

ということではなく、

 

 

 

頑張りたい!

 

 

 

っていう気持ちが湧いてきたら、

それにフタをすることなく、

とことんやってみるのも

〇じゃ!

 

 

 

だってそれは、

自分の心に正直な状態、

だからね。

 

 

 

 

 

頑張りたい気分なの

 

 

 

 

 

 

そういうモードなんだわ。

そういうときは、それに〇。

 

 

 

本当は頑張りたくないのに、

頑張ってしまう。。。

 

 

 

っていうときは、

そういう感じがてしまう自分を

否定しないことじゃ。

 

 

 

そんで、

そういう状況になってしまう自分に対して、

〇をつけるのじゃ。

 

 

 

自分を責めたり否定することなく、

すべてに〇をつけていく。

 

 

 

 

 

 

実にシンプルなんだ。

わらび餅はプルプルなんだ。

 

 

 

 

だから、

頑張りってしまうあなたは、

頑張る自分にダメ出しをすると、

余計に、心がふさぎ込んでしまって、

そうなると、人生が余計に、

うまくいかなくなってしまうから、

 

 

 

頑張ってる自分に戻ってしまっても、

自分を責めることをせず、

頑張ってる自分に

おおきな〇を付けてあげよう!

 

 

 

 

どんな状況に陥ってしまっても、

自分を責めることを辞めて、

「それでもいいよ。よくがんばってるよ!」

って自分に〇をあげ続けることで、

そうすることで、

少しずつ、ゆるい世界へ

また戻ってこられるからさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です