ebayイーベイ輸入転売*オークファンを使ってキーワードから商品リサーチをする方法を詳しく解説

 

この記事では

オークファンを使って

キーワードから商品リサーチをする方法

を詳しく解説していきたいと思います。
 

 

ちなみに、オークファンとは何か?

オークファンの登録方法などについては 下記の記事をご参照ください。

 

ebayイーベイ輸入転売*商品リサーチの王道「オークファン」の登録方法を詳しく解説」

 

 

 

有在庫の輸入転売を行う場合、

オークファンを使った商品リサーチは

王道な方法ですので、

この方法を慣れるまで試して身に着ければ、

輸入商品の目利きに強くなれます。

 

 

 

そしてオークファンを使った

商品リサーチは大きく分けて、

つぎの2つになります。

 

 

 

カテゴリ検索

キーワード検索

 

 

 

特にこの記事は

「キーワード検索」

についてご説明いたします。

 

 

 

キーワード検索とは

キーワード検索とは、

文字通りキーワードから

輸入商品をリサーチしていく方法で、

輸入に関するあらゆる

キーワードを駆使して

商品を探していく方法です。

 

 

 

決してピンポイントで

商品名などを指定して、

リサーチするわけではありません。

 

 

 

ここでは輸入に関する

キーワード

についてある程度

覚えて頂けましたら幸いです。

 

 

 

そもそもなぜ

輸入に関するキーワード

を覚える必要があるかというと、

輸入ビジネス、つまり

輸入商品を転売している人たちの

商品タイトル、または商品ページに

それらのキーワードが

使われている可能性が非常に高いからです。

 

 

 

だから輸入ビジネスの業界で

使われそうなキーワードを

検索をすれば、おのずと、

現在売り出し中の輸入商品を

商品タイトルや商品ページの

本文からたどって

見つけることができるわけです。

 

 

輸入に関する

キーワードとは

例えば、次のようなものが

あげられます。

 

 

輸入

海外

ノーブランド

アメリカ

日本未発売

日本語説明書
 

 

 

他にもまだまだ

いろいろなキーワードが

あると思いますが、

 

 

 

商品リサーチに

たくさん時間を

費やしていけば、

 

 

 

おのずとご自身で

どんどんキーワードを

探せるようになるでしょう。

 

 

 

それでは、キーワード検索の

具体的な手順を

みてみましょう!

 

 

キーワード検索の手順

 

まず、検索欄に

任意のキーワードを入力し、

Enter キーを押します。
 

*ここでは例として

「海外限定」という

キーワードで検索してみます。

 

沢山の商品が検索されました。

 

 

需要の高い商品から

見ていくため、

「入札」をクリックし

入札数の多い件数を

上から順に表示させます。

すると入札件数が

多い商品から順に表示されます。

 
入札数が多い=需要が高い商品

なので、仕入れをする際は

需要の高さをよく確認しましょう。

*なお、輸入商品のうち、

ブランド物の時計やバッグなどは、

規模の大きい企業が独占的に

商品を取り扱っているケースが多く、

新規参入の場合、これらの商品で

利益を得るのが難しいですので、

ここでは無視します。 

 

 

*また、欧米商品を輸入する場合、

商品の価格は1万円以上の

高額商品を選ぶのが望ましいです。

 

 

 

3000円くらいからの商品を

取り扱っても利益は得られますが、

送料や関税を考慮すると、

作業量の割に薄利になりやすいので、

個人で始める輸入ビジネスの場合は、

なるべく高額な商品を狙っていくと良いでしょう。

 

 

 

ここでは1万円以下の商品は無視します。

 

 

 

消去法的に、一番下の

34,500円のシューズが良さそうなので、

このシューズのタイトルをクリックし、

製品について詳しく見ていきたいと思います。

「NIKE AIR MORE UPTEMPO」

というナイキのシューズですね。

 

この商品のページを見ると

「海外限定」という

キーワードが含まれているのが確認できます。

続いて、

ページの下にある

「この商品説明の続きを見る」

をクリックします。

商品説明の続きが表示されました。
 

文章を上から

追って見ていくと、

ここにも「海外限定」

というキーワードが

含まれていることを確認できます。

 

 

このほかにも、通常、

海外からの輸入品であれば、

商品ページに
 

 

 

「この商品は海外からの輸入品です」とか

「海外からの取り寄せのため、配送中に箱に傷などがつく場合がございます」など、
 

 

輸入商品を特定する

キーワードが含まれている

ことがありますので、

 

 

 

キーワード検索をするときは、

商品タイトルのみではなく、

本文の内容も注意深く

追って見ていくと良いです。
 

 

それでは次に、

この商品の仕入れ先に行って、

価格差が出るかどうかを

確認してみたいと思います。

 

 

 

ebayでの仕入れリサーチ

 

 

まずebayのページへ移動します。

検索欄にて先ほどの

シューズのタイトルを

貼り付けて検索します。

 

 

注意:

ebayは英語のサイトですので、

ヤフオクでつけられている

タイトルから

日本語を取り除き、

英語のキーワードだけで検索をします。
 

 

例:

「NIKE AIR MORE UPTEMPO US9.5」

という英数字のみの表記で検索します。

 
検索結果をみると

日本円(JPY)表記で

該当のシューズの

一覧が表示されます。

 

 

 

売値もバラバラですが、

一番下の靴が利益が

出そうなので、

クリックして詳細を見てみます。

 
選んだシューズの

詳細ページに移動しました。

価格は150USD

(約17,538円)、

 

 

送料38.12USD

(約4,457円)

 

 

仕入れ値におよそ22,000円程度。 
 

 

このシューズを仕入れて

果たして本当に、

利益が出るかどうか、

もう一度オークファンに戻り、

詳細を調べてみたいと思います。
 

 

 

オークファンで需要を調べる

 

オークファンの

トップページに戻り、

検索欄に商品のキーワードを

入力し、Enterキーを押します。

 

検索結果が表示されたら、

まず「ページ内平均価格」

を確認し、次に

それぞれの商品の

落札価格を確認します。

 

 

 

どちらも、落札金額は、

仕入れ値の22,000円を

超えているので、

価格差が存在している

ことが確認できます。

次に、果たして

この商品が本当に

売れるかどうか、

その商品の現在の

需要を確認します。

 

 

 

まず「オークション落札相場」の

「ヤフオク」と書かれている部分の

件数を確認します。

 

 

ひと月に269件落札されていることが確認できます。

 

次に

「開催中のオークション」

タブをクリックします。

 

 

今現在で188件落札されていることが確認できます。

 

今現在、供給量が188に対し、需要が269ありますので、需要の方が高いです。 

 

 

つまり、売れる確率の方が高いということです。 
 

 

しかし、ここで焦って

仕入れをしてはいけません。
 

もちろん、このシューズの

色やサイズが違えば、

若干落札額も変わります。

 

 

上位に表示された2,3件の

落札結果だけではなく、

過去に落札されたものと

現在出品中のシューズを

もっと数多く確認し、

判断することがより確実です。

 

 

 

ここでは説明を

単純化するために

関税の計算を省いていますが、

関税を足して、22,000円前後

で仕入れができれば、

おそらく5000円以上の

利益が取れそうなので、

利益率は20〜25%程度

になるかと思います。

 

 

 

あとは、数がたくさん

売れている商品であれば、

大量に仕入れをし、

 

 

 

1つ当たりの仕入れ単価を

安くしてもらえるかどうか、

販売者と交渉ができれば、

利益率は更に上がります。
 

 

仕入れる判断としては、

需要と供給のバランスと

利益率の2つの要素が

重要になりますので、

 

 

 

この点をしっかり取れるまでは、

リサーチの回数を増やし

仕入れ判断の精度を

高めていくと、

利益が出せるようになります。

 

 

キーワード検索についての

解説は以上になります。

 

 

 

別の記事では、

オークファンの登録方法や

カテゴリ検索のやり方

について解説していきたいと思います。

 

 

 

商品リサーチは奥が深く、

極めればそれだけ利益も

増やすことができます。

 

 

 

その他の記事

ebayイーベイ輸入転売*オークファンを使ってカテゴリから商品リサーチをする方法を詳しく解説

ebayイーベイ輸入転売*商品リサーチの王道「オークファン」の登録方法を詳しく解説

2 件のコメント

  1. ピンバック: 【欧米輸入転売】オークファンを使ってカテゴリから商品リサーチをする方法を詳しく解説 | 輸入ビジネスを資金ゼロから始めて独立したKoichiのブログ

  2. ピンバック: イーベイebay輸入転売*商品リサーチの王道「オークファン」の登録方法を詳しく解説 | 輸入ビジネスを資金ゼロから始めて独立したKoichiのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です