【低資金の輸入転売】有在庫と無在庫ビジネスの違いパート1

 

どーも、Koichiです!

 

 

 

【低資金の輸入転売】
有在庫と無在庫ビジネスの違いパート1です。

 

パート2はこちら

 

この記事では「物を売る」
という基本的なことについて、

 

 

「有在庫販売」と「無在庫販売」という
2つのビジネスモデルを比べながら
詳しく解説をしていきたいと思います。

 

 

それぞれ2つのビジネスモデルは、
考え方が双方に全く違います。

 

 

特に今回はあまり語れることが多くない
「無在庫販売」を重点的に
2つのビジネスモデルについて解説していきます。

 

 

「無在庫」と聞くと、難しそうとか
「リスクが少なそう」とか「無在庫はズルい!」とか
いろいろな意見があるかもしれません。

 

 

世間一般的には、商品を前もって仕入れて、
自ら発送する「有在庫」のビジネスが常識です。

 

 

最近ではメルカリを中心に
無在庫転売型のビジネスも少しづつはやりだしてきたようですが、
依然として「無在庫」をやられている方は少数派なのかもしれません。

 

 

そこでここでは、

 

 

無在庫についての存在や実態について、
そもそも無在庫とは何か?

 

 

無在庫が存在する理由は何か?
というポイントを踏まえて
詳しく解説していきたいと思います。

 

 

無在庫のビジネスモデルをわかりやすく説明するために、
有在庫の輸入転売ビジネスと無在庫の輸入転売ビジネスの
2つのビジネスモデルを見比べてみたいと思います。

 

有在庫による輸入転売ビジネスモデル

 

他えば、
海外製のペンが1本あたり、
1ドルで販売しているとします。

 

*ここでは1ドル100円とします。

 

 

1.これを仕入れて日本国内で売ろうと考えているあなたは、
1本1ドルの商品を100本分購入しました。

 

ここであなたは「先にお金を支払って」ペンを100本購入します。
1ドルx100本分で100ドル、
つまり仕入れに1万円分のお金がかかりました。

 

 

2.後日、あなたのもとへ外国から100本分のペンが届きました。

 

 

さっそく小分けして、
1本500円で売ることにしました。

 

 

3.そして100本すべてを売り切った後、
あなたは5万円の粗利を手にしました。
この5万円の粗利から仕入れにかかった1万円を差し引いて、
あなたの手元には4万円の利益が残りました。

 

*ここでは、シンプルに説明するため送料のことは無視するとします。

 

 

1.仕入れ→2.販売→3.売り上げ

 

 

これが一般的な有在庫による輸入転売ビジネスの手順です。

 

 

 

しかし、無在庫による輸入ビジネスモデルは
この手順の逆になります。

 

 

他えば、海外製のペンが1本あたり、
1ドルで販売しているとします。

 

 

1.これを仕入れて日本国内で売ろうと考えているあなたは、
このペンを1本500円で売ることにしました。

 

 

この時点で商品はまだ仕入れていません。
商品の写真や説明文だけ仕入れをし、
1本500円という金額で販売を始めます。

 

 

 

2.1本500円のペンを買いたい人から注文が入りました。

 

*この時点で既に500円分の売上げが発生します。

 

 

3.あなたはさっそくこの商品を
1本100円で外国から仕入れます。

 

*ここではじめてお金を支払います。

 

 

後日、届いた商品を購入者のもとへ届けます。
1本の注文で500円の売上を先に作り、
その後100円を使って商品を仕入れますので、
利益は400円となります。

 

 

そして、これと同じ取引を
この100回分繰り返しました。

 

 

結果、5万円の売上を作り、
売上から1万円分を仕入れに使ったので
あなたの手元には4万円の利益が残りました。

 

*ここでは、シンプルに説明するため送料のことは無視するとします。

 

 

 

1.販売→2.売り上げ→3.仕入れ

 

これが一般的な無在庫による輸入転売ビジネスの手順です。

 

 

無在庫販売というのは、
実は輸入ビジネスに限らず、
世の中のあらゆるところで普通に行われています。

 

 

例えば、次のようなものがあります。

 

 

 

「予約販売」

 

 

アマゾンなどでゲームやDVD、最新家電の予約販売があります。
「○月○日に販売開始」と謳い、それまでに「先に注文」を集めます。
後日、集まった予約件数文の在庫をお届けします。

 

 

「受注販売」「オーダーメイド」

 

例えば、有名人が自分のブログやツイッターなどで
Tシャツを売りたいと思いました。

 

 

そのときに、「Tシャツ欲しい人いますか?」と
自分のホームページやツイッターなどで
先に欲しい枚数分を聞いて、購入希望者から注文だけ先に受けます。

 

 

それでほしい人たちからお金だけを最初に集め、
注文数分のTシャツを作って
後日購入者へお届けします。

 

 

「庫代理店による無在庫販売」

 

例えば、製造販売元が自社の商品を売りたいと思っています。

 

 

しかし、自社で販売活動(営業)を行える社員があまりいません。
また人をたくさん雇ってもコストがかかってしまい、リスクになります。

 

 

そういうとき、販売代理店を募集します。
代理店は、販売元の代わりに
その商品を売ってくれる人たちです。

 

 

代理店は、商品説明のホームページを作ったり、
商品のパンフレットや写真を潜在顧客に見せて
何らかの営業活動をし、お客様から購入の契約を取ります。

 

 

契約がとれたら、
後日、販売元の会社からお客さまのもとへ
商品が送られます。

 

 

販売代理店は商品を売った場合、
売れた商品の何%かを利益として
販売元からもらいます。

 

 

代理店は売れればお金がもらえるし、
販売元も売れた商品代金から、
その何%分かを代理店に支払いするので、

 

 

無駄に社員を増やして、
売れずに固定費だけ支払って赤字になってしまう、
というリスクを回避できるので、
双方にとってWin-Winになります。

 

 

旅行、保険、金融商品、ガス、インターネット、電動工具、家具、サービス等、
日常のあらゆるところで代理店が販売元とお客様の間をつなぎ、
お金の流れ、商品の流通をスムーズにする効果があります。

 

 

それではインターネットでの物販においてはどうでしょうか?

 

 

インターネット上でも無在庫による販売はたくさん存在しています。

 

 

ebay(イーベイ)のプレセール
アマゾンの予約販売
楽天やヤフーなどの無在庫販売
バイマの衣類の無在庫

 

 

など、あげたらきりがありません。

 

無在庫販売が存在する理由

 

これだけ世の中にたくさん存在する無在庫販売ですが、
それでは、そもそもなぜこんなに無在庫販売が求められているのでしょうか?

 

 

それは有在庫販売のビジネスモデルにはできなくて、
無在庫販売のビジネスモデルにしかできないことがあるからです。

 

 

 

それはずばり、ニッチな需要への対応です。

 

 

 

ニッチというのは
市場規模が非常に小さい環境のことを指します。

 

 

マニアな人しか知らないものすごく変わった商品
特定の分野の業界の人しか利用しない商品

 

 

など、市場規模は小さいけど
必ず誰かが必要としている市場のことです。

 

 

「ニッチな需要」というのは
「お客様が求めているより深い欲求」のことですが、
実は有在庫販売ではこういう類の欲求を解消することが
構造上難しいのです。

 

 

無在庫販売ではその深い欲求を
解消するようにできています。

 

 

例えば、1枚100円の外国製のハンカチがありました。

 

 

しかし、それは24色もあって、
しかもサイズが大・中・小タイプと3タイプも存在します。
現地では赤い色の中タイプのハンカチが一番売れています。

 

 

しかし日本の市場では、
赤い色の中タイプのハンカチがそれほど人気がなく、
大タイプの黄色のハンカチが人気です。

 

 

そこで有在庫販売を行う業者は、
大タイプの黄色のハンカチばかりを仕入れようとします。

 

 

ところが、お客様は全員がすべてが
大タイプの黄色のハンカチが好きとは限りません。

 

 

中には、小タイプの紫とか、中タイプのオレンジなどを好む方もいらっしゃいます。
そしてそういう需要は少ないため、たまに売れる程度です。

 

 

しかし有在庫販売を行う業者は、
オレンジや紫色のハンカチ、
まして違うサイズの商品をそれぞれすべて
取り揃えて仕入れることができません。

 

 

なぜなら、いつ売れるか、どれくらい売れるか、
「予測の立たない商品を仕入れる」ことによる、
赤字リスクが大きいからです。

 

 

有在庫販売の業者は、
自ら自分の資金を最初に使って商品を仕入れるのですから、
利益の予測の立たない行動はできないのです。

 

 

ここで、この問題を解決するのが無在庫販売なのです。

 

 

 

オレンジや紫色のハンカチ、
大中小のサイズの違うタイプの商品であっても、
無在庫で販売するのなら、お金を先にもらってから仕入れをするので、
リスクなく商品をお客様のもとへ届けられます。

 

 

ゆえに無在庫販売は、お客様の細かいにニーズに対応できるのです。

 

人体の仕組みに例えてみる

 

もう少し、わかりやすいように人間の体でたとえてみます。

 

有在庫販売によるビジネスモデルとは、
体で例えると、体全体を通る、大きな太い血管のような存在です。

 

 

大動脈みたいな感じです。

 

 

大きな太い血管が、たくさんの栄養分や酸素を体全体に運ぶように、
有在庫販売は、人気がある商品をできるだけ多くの人に社会全体を通して流通させます。

 

 

逆に、無在庫販売によるビジネスモデルは、
体で例えると、体の細部を通る、
細くて複雑な毛細血管のような存在です。

 

 

 

太い血管だけでは、
指先や臓器、体の細かな部位にまで
血液を通すことができません。

 

 

そこで、細く枝分かれした細かな毛細血管が、
太い血管の代わりに各部位に酸素や栄養を届けるのです。

 

 

つまり、これを経済に置き換えてみると
あらゆる潜在顧客の細かい欲求に個々に
対応できる存在が無在庫販売なのです。

 

 

もし有在庫販売だけの社会だったら、
きっと非常に退屈でつまらない世界になるかもしれません。

 

 

洋服はあなたもユニクロのフリース、
私もユニクロのフリース、
色もデザインも全く一緒。

 

 

靴はあなたもナイキのスニーカー、
私もナイキのスニーカー、
色もデザインも全く一緒。

 

 

おおげさかもしれませんが、
突き詰めていくと、まるで配給制の社会主義国家のように
多様性のないつまらない世界になってしまうかもしれません(笑)

 

 

 

有在庫があって、無在庫がある。

 

 

 

お互い、どちらも欠かせない存在なのです。

 

 

 

だいぶ長くなってしまいましたが、
有在庫と無在庫によるそれぞれのビジネスモデルについて、
少しでも理解が深まれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

【低資金の輸入転売】有在庫と無在庫ビジネスの違いパート2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です