初心者が0円からリスクなく確実に利益を出す起業術

 

初心者が0円からリスクなく確実に利益を出す起業術


 

「今の仕事より自分の好きなことを仕事にできたらいいなぁ」

「大好きなことをする時間がもっと欲しい~!」

「大好きなことするためのお金がもっとあればなぁ」

「大好きなことをしてそれがお金になったらなんてステキなんだろう!」

 

 

「自分のやりたいことできる理想的なライフスタイルが欲しい!」

 

 

でも・・・

 

「失敗したらどうしよう」

「起業したらリスクがあるし・・・」

「損を出してお金を失ったら嫌だなぁ・・・」

 

 

「そもそも、やりかたすらわからない」

「何をどう始めればいいのかわからない」

「独立できたとして、その後、本当にちゃんとやっていけるのだろうか」

 

 

あなたも一度はこんな風に考えたことはありませんか?

 

 

どうも、こんにちは!

「好きなことして生きていこうよ!」

の中の人、コーイチ!です。

(オンライン上の、自分のアバター猫です)

 

それから・・・

 

 

余は、大人気ブログ

「好きなことしてい生きていこうよ」の

公式キャラクター、

 

お殿でおじゃる。

くるしゅうない

 

 

今日は、僕とお殿が、あなたの疑問に答えて行きますです。

 

 

 

コーイチ!

「じゃ、さっそく始めたいと思います」

 

 

 

 

お殿

「うむ、はじめるがよいぞ」

 

 

 

 

コーイチ!

「お殿、まず、何から話せばいいですかね?」

 

お殿

「まずは、おまえさんの自己紹介から始めるがよいじゃろう」

 

コーイチ!

「りょーかいです・・・お殿からご紹介いただけませんか?」

(なんかスピーチ慣れしていなくて・・・)

 

 

 

お殿

「しょーがないやつよのう」

「よかろう、余が話してやろうぞ」

 

 

お殿

「ええと、『好きなことして生きていこうよ』の中の人、コーイチ!は、そもそも音楽とかクリエイティブなことをするのが大好きなやつなのじゃ。」

「ピアノを弾いたり、作曲したり、それから、絵を描いたり、何か作ったりするのもすきじゃったな?」

 

 

コーイチ!

「はい」

 

 

お殿

「それで、昔は会社員をしながら、そういうクリエイティブな作業をやっていたのだな。」

「が、しかし、働く時間が長くて、実際、自分のやりたいことができる時間がほとんど取れず、自由な時間が作りたい!と思って起業したんじゃったな?」

 

コーイチ!

「はい、その通りです」

 

 

お殿

「で、起業して、今は自由な時間があって、お金も稼いで、自立できておるんじゃな?」

 

 

コーイチ!

「はい、なんか、ありがたいことに、そうなっておりますです」

 

お殿

「で、会社員ぐらいのお金が稼げていて、どれくらいの時間働いていたのかのう?」

 

コーイチ!

「僕の場合は、平均して2、3時間程度でした」

「でも、今は本当に自分の好きなことに集中したいので、さらに働く時間を減らしてしまいました」

 

 

 

お殿

「なるほどでおじゃる」

「で、起業したときの話を聞きたいんじゃが、開業資金とか、リスクとか、方法とか、そっちのほうの話をもっと詳しくしてくれんかな?」

「じゃ、まず最初に、開業資金はどうじゃ?結構、マネーがかかったでおろう?」

 

コーイチ!

「それが、最初はいろいろ挑戦したんですが、結局失敗して、お金も結構失いました・・・」

「でも、そのおかげで、そんな失敗を二度としたくない、と思い、0円で始められないか、と考えるようになりました。」

「そしたら、結構、いろいろなジャンルで、0円でお金稼ぐことってできる!ってわかったんです」

 

 

お殿

「ほほう!」

 

コーイチ!

「もちろん、なんでもかんでも0円で始めればいいというわけではないです。」

「もともと資金があって、それなりに知識がある人は、お金をかけて、正しいやり方をすれば、それなりに早い成果が出ます。」

「でも、お金もなく、ビジネスの経験もない初心者の方こそ、まず最初は0円から始めるべきだな、と僕は気づきました。」

「なぜなら・・・」

 

お殿

「リスクの話じゃな?」

 

 

コーイチ!

「そうです。」

「リスクこそ、起業する上で、多くの人が足を止め、躊躇してしまう要因です」

「自分のお金を使って、起業して、失敗しても、誰も助けてくれない。」

「損も自分で受け入れなければいけない。」

「下手すると、借金を背負ってしまうかもしれない」

 

お殿

「ほほう、それは難儀(なんぎ)じゃのう」

 

 

コーイチ!

「でも、0円で始めることは、お金に関するリスクを回避できるんです」

 

お殿

「ほほう、なるへそじゃのう」

 

お殿

「しかしのう、そんなことが、ほんとうにできるのかのう?」

 

コーイチ!

「それは正しいやり方さえ知れば可能です」

「実際、僕も、試行錯誤をする中で、いろいろなやり方を試し、0円からお金を稼ぐことができました。」

 

 

お殿

「しかし、そんなことって難しいんじゃなかろうかのう?」

 

コーイチ!

「具体的なやり方に関しては、たくさんあるし、業種によっても違ってくるでしょうけど、本質的な部分については、実はパターンが決まっています。」

「それも難しい数式を解くようなごく一握りの人しかできないような内容を学ぶ、ということでは決してありません。」

「これは誰にでもできることです」

「ただ、知っているか、知らないか、の違いだけです」

 

お殿

「ほほう、それは頼もしいのう」

「なんか余でもできそうな気がしてきたぞ」

 

コーイチ!

「ええ、実際にお殿でも、誰でもできることです」

 

お殿

「なんだか聞いているうちに、だんだん、余も起業してみたくなってきたぞよ!」

 

コーイチ!

「でも、お殿は働かない人専門じゃないですか」

お殿

「そうじゃった、そうじゃった。」

「余はやんごとなき、高貴な存在でおじゃる」

「そもそも、家来どもが働いてくれるのでおじゃったな~」

 

お殿

「しかしなぁ、なんかこう、その0円起業というやつを、余もやってみたいのじゃ~」

「なんだか、余でもできそうな気がするぞ」

「余はやるぞよ!もうちょっと、その起業術とやらを話せい」

 

コーイチ!

「この起業術でお伝えしたいことは、時代や場所や流行に関係のなく、いつでも通用する本質的な考え方です」

 

 

お殿

「本質的なこと?」

 

コーイチ!

「そうです。」

「『〇〇テクニックで△△円稼ぐ』というような具体的なことではなくて、もっと本質的な、いつどの時代でも通用する考え方です。」

 

お殿

「しかし『〇〇テクニックで△△円稼ぐ』みたいな具体的なことを言われると、興味そそるぞよ」

 

コーイチ!

「ええ、たしかに」

「でも、具体的になればなるほど、ある方法というのは、それ自身の寿命が短くなっていくんです。」

「つまり、早いもの勝ちの世界。」

「誰よりも早くそれをやった人が稼げる、という競争の世界」

 

お殿

「コーイチ!はそういう世界を好んでないぞなもし」

「『好きなことして生きていこうよ』のブログでも、そういう世界とは真逆のことをいつも、コーイチ!は語っておるのう」

 

コーイチ!

「そうそう」

「僕自身が、大好きな音楽をやりたくて始めた起業なんです」

「お金を稼ぐこと自体が目的なわけじゃない」

いかに自分のライフスタイルを自分好みに変えられるか、という基準で僕は起業したんです」

 

お殿

「なるほど、それはこれから起業を始めるうえで、とても大切な考えでおじゃるな」

 

コーイチ!

「だから、ただ単に、起業をして損することなくお金を稼ぎたい、ではなく、そもそも0円で起業をして、確実に利益を出した後、そのお金を使って、どうやって自分のライフスタイルが自分の理想に近づけるか、という視点で、この起業術を手に取って頂けたら幸いです」

 

お殿

「なるほど、余はコーイチ!の考え方に賛成じゃぞ!」

「それでな、その0円起業術を試すと、余は、どんな風に変われるのかのう?」

 

コーイチ!

「これは個人的なことですが、僕は、起業で稼いだお金を使って、大好きなことの活動費に充てられていますし、起業で得られた自由な時間は、ほとんど大好きな音楽活動のために使っています。それはとても幸せなことと思います。」

「それ以外にも、もし、自分の好きなことそのもので起業してお金を得られたら、それはそれで幸せなことと思います。」

「なぜならこの起業術は、業種・ジャンルを問わず、普遍的に実践できる内容となっていますから」

 

お殿

「ほほぅ!」

「なんかええのう!幸せになれたらええのう!」

「そんでな、コーイチ!よ。そなたのその起業術とやらの中身をすこーしばかり、教えてくれんかのう?」

 

 

コーイチ!

「はい。本の目次のような形で、概要をお知らせしますので、この起業術があなたにとって最適かどうか、ご判断いただけたら幸いです」

 

初心者が0円からリスクなく確実に利益を出せる起業術の概要

 

1章 なぜ多くの人は起業しないのか?なぜ利益を出すことが難しいのか?

  1. リスクを明確にしていくと、それはやがてリスクじゃなくなる

 

2章 起業のリスクを確実に0にする方法

  1. 失敗する考え方の真逆の手順

 

3章 0円で利益が出せたものの、果たしてうまく継続できるだろうか

  1. がんばれば、がんばるほど苦しくなる方程式vsがんばれば、ばんばるほどうまくいく方程式

 

4章 売ってからつくる

5章 事業計画を書こう

6章 伝わる企画書・レターを書く

7章 起業後、生存率を100%へ持っていくために必要なこと

8章 小さな試作品

  1. できるだけ既存のもの、今あるもので工夫する

9章 あなたの顧客を明確にする

10章 あなたの商品・サービスをなぜ、その顧客は二度買ってくれたのか?

 

 

コーイチ!

「実は、起業するのにお金が必要、というのは幻想だったりします。それにお金を失ったらどうしよう、ということも幻想だったりします。」

「それには正しい理解をもって、正しいやり方をすればいいんだ、ということを知るだけで、気づけてしまうことだったりします。」

 

 

 

 

お殿

「なるほどでおじゃる」

「余はやってみたくなったぞ」

「もし『これだ!』と思えたら是非、あなたも試してみるのでおじゃる」

 

 

初心者が0円からリスクなく確実に利益を出す起業術